何度も繰り返す大人にきびにもううんざり。「何をやっても楽しくない」「積極的になれない」。あなたの気持ち、痛いほどよくわかります。あきらめないで、このページを参考にしていただければ、絶対にニキビは治せるはず!

大人にきびの原因と出来る箇所を覚えよう

思春期とは違い、大人にきびは皮脂がたくさん分泌するところに出来るわけではありません。逆に乾燥しやすいところに出来ることがあります。頬ににきびができたことはありませんか。おでこにできたことがある人もいるでしょう。あごのあたりにできる場合もあるようです。思春期にきびがT字のおでこと鼻にできやすいのですが、大人にきびの出来る箇所はU字ラインと言われています。あごや頬にできることが多いと言うことです。

このように、出来る箇所に大きな違いがあります。では、どのような原因が考えられるのか。大人になると、いろいろなストレスがたまりやすいでしょう。忙しくて不規則な生活になったり、食生活が乱れたりする人もいるはずです。このようなことも原因と考えられているのです。思春期のように皮脂が過剰に分泌することはあまりなく、むしろ皮脂の分泌量が減ってしまい、乾燥することが原因でも大人にきびはできます。

加齢とともに、肌の状態はこれだけ変わると言うことです。特に、大人にきびの出来る箇所には頬というとても目立つ場所も含まれています。だから、どうしても嫌ならば、保湿に力を入れるという方法もあります。乾燥しがちな場所は特に化粧水を多く塗ったり、部分的に美容液を付けたりしてみてください。そうすると、肌荒れをあまりしなくなるでしょう。

まだまだ大人にきびのことを良く知らない人は多いです。思春期ニキビとは原因が違うのです。だから、同じような対処方法をしてしまうと悪化させてしまい、にきび跡になってしまうことも珍しくはありません。正しい知識を身に着けることで、正しい対処法がわかります。特に、頬にできた場合は保湿に力を入れたほうが良いでしょう。